1撃750,000円!バブル期のバイナリーオプション

ハイローのトップトレーダーの勝率と検証方法で初代BOが終了して規制により新たなラダー型のオプションが誕生しました。
新たなこの金融商品はブローカーも力を入れていてパチンコ屋の新装開店よろしく。
大サービスの設定でBOバブルの到来で下。
それまで稼げなかった人も急に稼げるようになり勝ち方をペラペラ公開する人も続出で2chでもそのペラペラに賛否がありました。
バブルの期間は意外と長く2013年11月~2014年8月の約10か月くらい。

具体的にどれほどバブルだったかを見てみよう。
直満と言う技で投票締め切り1分の攻防でラインを超えるかどうかに賭ける方法で
1枚55円のチケットを200枚買い(55円X200枚=11000円)
満期確定で配当がチケット200枚X1000円=200,000円(チケット1枚につき1000円の固定配当)
つまり11,000円を賭けて配当200,000円を得た。

同じく直満と言う技で締め切り直前になるとチケットが激安になるので動きそうな時に大量に仕込むのだ。
こちらはチケット1枚が44円で300枚買っているので投資が13,200円
配当が1枚1000円固定なのでX300枚なので300,000円ゲット。

最後は指標時の急激な動きを狙っての仕込みで
どちらかに吹っ飛べば大儲けと言う張り方
これはちょっと仕込みに金がかかっていて
上下で1枚550円程度X750枚で412,500円
配当が750,000円となる。

今では私もハイローで1000円トレーダーと苦杯を舐めていますが
BOのバブル期は画像の様に1撃20万、30万の痺れるような取引をしていました。
しかしバブル期も勝ち組が増えすぎたせいで徐々に釘を締められていき勝つのが厳しくなって行きました。
そりゃそうですよねわざわざ勝ち方を2chやニコ生で公開していれば勝ち組が増え
それに対応するために業者は条件を厳しくする。
ちょっと考えればこの理屈は分かると思うのですが東京に来たばかりのお上りさんの様に
勝った事が無かった人が急に勝てるようになって嬉しくて自己顕示欲丸出しでペラペラと勝ち方が拡散していったのです。
遅かれ早かれそうなるのは時間の問題ではありますが1ヵ月でも2カ月でも長く稼げれば10万でも20万でも収入が増えたはずです。
あ、今はもうバブルは終了して厳しい設定になっているので画像の様な値段でチケットは買えません。

「ハイローのトップトレーダーの勝率と検証方法」の記事を書いて懐かしくなり画像を見てみたらこんな良い時代も有ったなという昔ばなしです。

最新情報をチェックしよう!